ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.11.28 Thursday

初の公開イベント「その人らしさを」総括 -後篇-

 

 

 

 

 

 

去る9/28(土曜)の晩に開催しました、

ノーザンテイラー七周年による初の公開イベント

スーツにまつわる実例トークショー

「その人らしさを」

 

いよいよ後篇です

ダイジェストと総括

ご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

 

休憩をはさんで本編のまえ、

ご来場の皆様には特別に

スーツがどのような過程から、仕立て上がるか??

 

実際に縫製工場での風景を

ご覧頂きました

縫製工場との信頼関係から撮影させて頂き、

了承を得てのものです

 

 

表地を裁断するひと

裏地を裁断するひと

袖、襟、

要所のパーツを縫うひと

ボタンを付けるひと

芯地を貼り合わせるひと

等々...

 

すべては分業制のチームワークにより

お客様の一着が仕立て上ります

 

けっして優雅な環境ではありません

四方でミシンがダダダダダっと響き、

ほとんどの方々はマスクをしています

 

生地と縫製

各プロフェッショナルのおかげで、

ノーザンテイラーはお客様をお迎えできます

ひとりではできない

服づくり

店づくり

 

 

じつはこの度のトークショー、

ご来場者の中には

日々、ノーザンテイラーのシャツを手掛けてくださっている

縫製工場の親方とスタッフさんらがいらっしゃいました

 

お客様代表四名の紳士のうち、

トーク順に第一、第三、第四の紳士がノーザンテイラーのシャツです

 

縫製工場の親方、スタッフさんらにとって、

これまでご注文の内容から、氏名と仕様は知っていたお客様の

実際のお姿を見てもらえたことが、

感慨ひとしお

 

十周年のあかつきには是非、

スーツの縫製工場の皆様もご招待できるよう、

励みにします

 

 

 

本篇に戻ります

「大人の装い」とは

憧れる対象がいて、

観察し、投影し

自ずと気が付くことがあります

 

自分にとってそれは、

ものごころついた少年期から青年期にかけて

80'sから90'sの影響を抜きに語れません

 

 

 

 

 

母の影響か、姉たちの影響か??

婦人雑誌が身近にありました

 

 

ロイヤル.ファミリーの風景は、

われわれ庶民にとって

目の保養だけでなく

装いの実例を示してくれたのです

 

大人の装いとは

いつ、どこで、誰と共にするかを汲みます

自己完結にあらず

 

 

 

 

そこで

後篇の題材

映画「英国王のスピーチ」 2011年製作

 

ご存知の方々もいらっしゃいますね

現エリザベス女王のお父さんが、主人公

ジョージ六世

王位を継ぐまえは、アルバート王子といいました

 

時代は第二次大戦の直前、

ヒトラー率いるナチス.ドイツが政略軍略でヨーロッパを席巻し、

1939年当時、英国も対岸の火事ではなくなりました

 

とうとう、海を挟んでの開戦に至りますが、

国王は

世界じゅう英連邦の国民に向けて

一致団結を語りかけます

 

ロイヤルファミリーの役目は

規範

国威発揚

 

ラジオ放送の時代です

 

ひとりでは、大役をまっとうできません

そこで頼りにしたのが、あるセラピスト

どういったセラピストか??

ぜひ映画をご覧ください

 

 

 

 

 

 

セラピストにとって、クライアントとは患者さんです

ノーザンテイラーにとって、クライアントとはお客様

そこには、決定的なちがいがあります

 

ノーザンテイラーのお客様は、困っては来ません

かっこいいスーツが着たい!!

期待を胸に、足を運んでくださいます

 

映画の主人公とセラピストの関係性から

自分には知り得ないことを教わりました

 

劇中、セラピストは威厳のあるダークスーツで

またある場面には、素朴なツイードスーツで

クライアントと対話

装いから、ふたりの関係が垣間見えます

 

 

 

そこで第三の紳士がご登場

ひとと向き合うお仕事の立場から、

 

装いと国民性の関係を語ってくださいます

 

 

毎年、お仕事の長期出張でヨーロッパに滞在

ご家族がフランスにお住まいという見地から

 

われわれ生活レベルにおいて

国民性が垣間見えるシーン、

その実例をお話ししてくださいました

 

義理の弟様(WASPのフランス人)の目を通してのヨーロッパ観

ドイツ

イタリア

英国

 

なかなかデリケートな事柄ですので、

トークショー本番ではユーモアも交えつつ「示唆してくださった」

という表現が適切かもしれません

 

関心の度合いで、なるほどあの時のお話には

そういった意味合いがあったのですね...

トークショーですから愉しくをモットーに

ご配慮をありがとうございます

 

 

英独の開戦とは、すなわち

ナチス.ドイツの軍門に降(くだ)っていた周辺国も含めてが

ターゲット

 

ナチスの軍事施設、砲台や要塞も

ヨーロッパ各地にありました

連合軍(英米)とナチスの衝突とは、

当該国間ではおさまらない影響力です

 

そしてノルマンディー上陸後、

敗走するナチスと追う連合軍により

つぎつぎと市街戦がぼっ発

 

地元民からすればもはや、

占領と開放

起きていることはひとつ

 

 

 

 

 

第三の紳士

ご出張時のさまざまなシーンに応じたスタイル

ご一緒にかたちづくりました

 

 

ご出張先で会合後も想定し、

まわりがネクタイをしないカジュアルなシーンでは

ご自身もネクタイなしで

 

しかし、襟元があけっぴろげにならず

ほどよく開放感を愉しめるよう、

オリジナルの開襟シャツをご相談も

 

スーツのデザインは、時にネクタイなしでVゾーンが間延びしないよう

普段よりも浅く調整

 

 

 

 

生地の性質は、夏を除いた3シーズンで違和感なく着用できる

合いものです

表面の毛羽立ちがなくすべすべとした手触り

 

プレーンな無地に見えますが、

じつはごく微細な凹凸が点状に織り込んであり

鳥目模様(birds eye)と呼ばれます

 

漆黒に近いダークグレイ

 

光の当たり加減では緑を帯びて映り、

そうした表情のうつろいも

昼と夜のシーンで愉しめますね

とお選び頂きました

 

 

 

 

シャツは襟、袖口が別生地の仕様

セパレートと言います

身頃が黒X白の幅広ストライプで

こうした対比のくっきりとした様式は、

英国趣味とカテゴライズされます

 

"ゆえにフランスやイタリアで過ごす間は着ません"

 

ご自身の生活経験から教えてくださいました

彼らの先入観を汲んでのことです

 

"まずは紺系のジャケット、ブルーのシャツが基本です"

 

 

 

 

"自分がどう着るか...だけでなく

共にする相手も汲んで、装いのシーンを愉しんでいます"

 

"文化のちがいで、トライ&エラーはつきもの

それを繰り返しながら、相互理解できれば良いとおもいます"

 

本音で語ってくださいました

とかく、われわれはつい無難に、

和を尊ぶといえば聞こえは良いですが、

角が立たないようにと摩擦を避けることに傾きがち

 

たとえ日本人同士であっても、出身や属性で

文化は違います

しかし、いつなん時向き合うことがあるかもしれません

トライ&エラー

貴重なご示唆を、誠にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

第三の紳士による

ヨーロッパ観

生活経験からの比較文化を語ってくださいました

 

皆様が聴いてくださる姿勢に、

主催者として目を見張るおもい

教わることが多々ございます

 

ひとは鏡

 

9月末ですが日中は残暑の陽気でした

本番は宵の明星

素敵な横顔を掲載させて頂き

ご協力を誠にありがとうございます

 




 

 

 

映画の題材に戻ります

英国とナチス.ドイツ

海を挟んで空爆の応酬です

 

 

 

ロンドンも度々

がれきの惨状と化し、

一般市民が巻き添えになりました

ヨーロッパ全土が修羅場

 

中立国のスペインでさえ

ゲルニカの空爆がありましたね

犠牲者の数に関わらず

東京大空襲では火の海

ヨーロッパではがれきの山

 

 

 

今日、幸いにもわれわれ日本では、

戦禍がありません

しかし、いつなん時

一瞬にして日常風景が破壊される危険と

背中合わせですよね

地震災害

 

ライフラインを失ってはじめて

ありがたみを知ります

 

 

そこで

第四の紳士

いよいよアンカーです

 

じつは上の画像は、第四の紳士が実際に撮影した

東日本大震災時の現場

 

いち被災者

ご自身も避難所生活を強いられたライフステージを経て、

公共の利益を滞らせず

ライフラインの活性化という

復興事業に従事していらっしゃいます

 

 

 

スーツにまつわる実例トークショー

「その人らしさを」

 

第四の紳士は

お仕事で毎日スーツを愛用

またある時には、復興事業の現場にて防災服に着替えます

日々のフィールドワークから

第四の紳士

マインドに触れてください

 

彼は北海道にお住まいではありません

この度のプレゼンテーションのために

当日、飛行機で北海道へ来てくださいました
 

 

彼が常とするスタイルは

スリーピース

 

オフィス内では上着を脱いでもベスト姿で、くだけすぎず

出向く際には、あらゆる立場の相手方に配慮し

スリーピースです

 

生地選びでは色柄を限定せず

落ち着いた印象をモットーに、風合いとタフさ

そういった兼ね合いを愉しんでくださいます

 

 

 

 

トークショーでご着用のシャツは、

一見、プレーンな白に見えますが、

実際は薄いグレイ

 

画像の通り、織りに凹凸の効いた厚地の品

秋冬物のスーツ生地の風合いに合わせ、

シャツ生地にも量感が効果的

 

 

 

 

 

タイの取り合わせにも、落ち着きを優先しますが

シャツ次第では明るく引き立ち、着まわしの好例

 

"スーツ姿とは、仕事をする上での舞台衣装であり、

自らの、そして周囲の士気をも左右します"

 

"男として、現在、またこれからのエイジングに華を添えられること"

 

第四の紳士にとって

ぐっと渋く引いたスーツの装いである理由が、なるほどガッテン

 

"時に、難しい協議の場面では、装いも含めた熟成のエイジングが

説得力をもつことがあります

しかしあたまの中の発想は常にアンチエイジングです"

 

 

 

休日の装いには一転、

カジュアルシャツをご相談頂き

オンオフの切り替えが、男伊達

 

 

 

 

 

3.11の震災時

津波で孤立したビルからご自身が撮影された、数々の資料をもとに

エピソードも聞かせてくださいました

 

 

 

 

津波から数日後、

ようやく水が引き帰宅、ご自宅マンションは階上のため無事でしたが

愛車は駐車場から流されていました

 

 

"被災して悲しむ間もなく、ライフラインの被災具合をまず把握しないことには

復興がはじまりません"

 

 

"万が一、再度津波が来てもきちんと物資を、または人を緊急搬送できるよう、

どこに、どうライフラインを通すべきか??

日中に調査して夜から会議です"

 

 

"専門職の領域にとどまらず

全体の構成員として、時に大きな会合(シンポジウム)の主催側にまわります"

"ハコモノとしては復興が整いつつありますが、

真の復興とは何か??を総括

あらゆる分野の方々をお迎えする側として

スーツの装いにも心構えが大切です"

 

 

アンカーをつとめてくださった

第四の紳士

3.11の震災により、

一瞬にしてライフステージが変わりました

 

そこで、使命と向き合うマインドですが、

おそらくご自身にとっては、意思にかかわらず...

という事態だったとおもわれます

 

前篇で、マクドナルドを全米展開させたクロック氏は自らの意欲で

「オレが稼いでみせる」と突き進みました

 

では後篇の題材はどうでしょう??

英国王のスピーチでは、世襲する王子に意思の有無なくです

しかし、王子が国王を継いでトライ&エラーを重ねながら

話し手と聞き手の相互理解

いつしか使命に目覚ました

 

第三の紳士が示唆してくださったこと

第四の紳士が体現してくださったこと

 

いずれも自らには知り得なかった、ものごとの見方です

ひとは鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

スーツにまつわる実例トークショー

「その人らしさを」

いかがでしたでしょうか

 

お客様代表四名の紳士

貴重なプレゼンテーションをかさねがさねありがとうございました

 

当日の進行

主催者としての段取りが未熟な為、

予定時間超えの長丁場となりました

ご来場の皆様にはご不便をお掛けして大変恐縮です

 

また、リハーサル時にはなかったハプニングも

プロジェクターのリモコンが接触不良

そこで急きょ、パソコンでスライドを操作してくれた綾香さん、

後方からタイムキーパー役で全体をケアしてくれた和子さん、

ほんとうにありがとうございました

 

 

 

 

こうして特定の日時に

ひとをお呼び立てすることの難しさ、

はじめての経験から身をもって知りました

 

ノーザンテイラーだけではとても力及びません

お世話になっているお客様が、ご家族を伴って来てくださり

パートナーやご友人と来てくださり、

おかげで、忘れがたいひと時を共有できました

誠にありがとうございました

 

 

 

ささやかながら、おみやげ

お客様であり友人のパティシエールさんが

焼き菓子をご用意してくれました

 

 

ひとりでは準備も実行もできません

実行チームの皆様をはじめ、

 

会場を利用させて頂きました札幌エルプラザ様

バラの花で四名の紳士を彩ってくださった、ロータス様

設営から撤収まで助けてくださった株式会社Wing M

森田社長、スタッフの皆様

 

そしてこの度の風景を最良のかたちでおさめてくださった

写真家の宮下氏

ほんとうにありがとうございました

 

 

 

 

 


 


 

 

 

 

ノーザンテイラーとしての本分、

日々、個別サービスによる注文服店の歩みは

これからも変わらず

 

来たる十周年には

まだ見ぬライフステージが拓けるよう、

ぜひ皆様も

その風景を彩ってください

北海道 MInd

 

ひとは鏡

 

 

 

 

 

So Many Men, So Many Mind

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー 

https://northern-tailor.jp/

 

2019.09.30 Monday

ご来場ありがとうございました

 

9/28晩のトークショー
この度は誠にありがとうございました
ノーザンテイラー初のイベントを敢行できたこと、
ご恩を忘れません
しあわせな時間でした

 

手際が悪く時間が伸び、反省点は多々ございますが
この経験を次へ活かします

 

 

 

 

ご来場者様53名へ
(主催者、写真家さんを除く)
なんらかのかたちで、会の風景をかならずお届けします
どうぞご期待ください
かさねまして、この度は誠にありがとうございました!!

 

ひとりではできない

服づくり

店づくり

 

また日常に戻り、課題と向き合います

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー

https://northern-tailor.jp/

 

Powered by
30days Album