ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< オーバーコート-made to order-お取り扱いのご案内 | main | 年末年始、営業日のお知らせ 2016-2017 >>
2016.12.09 Friday

冬の運河とアルスターコート

 

とうとう12月、

急かされる時季になりましたね。

何かと増える外出の機会に、

オーバーコートはどのような存在でしょうか。

 

寒気から身を守る外套であり、

それだけではない親しみ

 たしなみ。

長尺のオーバーコートをまとい大股で歩く時と

そうでない時とでは、

かたちのない叙情性を帯びます。

 

膝下に漂う気配

浮世の常、顔に出せない大人の私情はコート=ベールに覆い、

歩きながら浄化しましょう。

 

冬こそ旅のカタルシス

そうしたモチーフから、

運河とオーバーコートの情景をお伝えできればと思います。

 

 

 

 

冬のヴェネツィア

人(ひと)気の途絶えた、オフシーズンの運河が舞台。

 

 

 

 

夫婦の物語

先を案じてか後を引きずってか

どちらともつかない、

男と女のすれちがいがメインテーマでしょうか。

 

ロマンスかスリラーか

ふたりのオーバーコート姿が印象深く、

この度はノーザンテイラーお仕立て例として

名画をオマージュ。

 

ドレスorカジュアル、

どちらともつかないアルスターコート特集。

 

 

 

 

 

ダブルブレステッド.オーバーコートの類別として、

様式をどう定義づけるかには意見が分かれるところ。

フォーマル志向なチェスターフィールドコート、

制服志向のガーズコートとちがい、

「私的用途」といえるのがアルスターコートの立ち位置かと。

 

 

⬆と⬇の画像を比べてください。

どちらも私的用途のオーバーコート。

オフィシャルなTPOでは選びません。

ノーザンテイラーとしては

をアルスターコートと捉えております。

「特徴は垂れた襟、長丈」

以上

 

その先のディテールは瑣末。

襟を広げるか、

共布でベルトをどう這わすか、

袖口を折り返すか、

ポケットを貼り付けるか、

ドレスorカジュアルはお好み次第。

十人十色のスタイルが是です。

クラシックの型に倣いますが、型に嵌めることはしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原作は小説

ダフネ・デュ・モーリア著

「いま見てはいけない」

短編集からの巻頭作より

 

 

 

 

 

〜軽い湿気は雨に変わっていた。

観光客の姿はいつしか消え、傘をさしたひとがちらほら

急ぎ足で通り過ぎてゆくばかり〜

 

 

 

 

ヴェネツィアへは行けませんが、

とっておきがありますよ。

札幌から小一時間、小樽運河へGo!!

 

 

 

 

静まり返ったヴェネツィアに靴音が残響するシーンと、

音のない雪景色をかさねて。

 

 

 

 

 

 

 

 

Fox Brothers

Over Coating

660/690g

made in England

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運河カフェ

営業中

 

 

 

 

 

 

 

撮影ご協力

色内食堂様ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜水路は狭く、両側の家々がすぐ迫っている。

昼間は水面に陽光がきらめき、窓は開かれ、鳥が歌っていた。

ところが闇に包まれると窓には鎧戸が下りた。

ゆっくりと沈みつつある華やかなうわべ

水路の静けさに覗き込むと、失われた石の世界を目にする〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W.Bill

Classic Coating Collection

650g

made in England

 

 

 

 

 

物語の夫婦は英国人、

夫役D.サザーランドの気配がまたスリラー。

無視できない妖しさ。

他の出演作やスタイルの出で立ちも含め、

また別の機会で

D.サザーランドのロマンス性に着目してみましょう。

どうぞご期待下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー

http://northern-tailor.jp/

 

Powered by
30days Album