ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015-春夏ジャケット生地とスタイリング【ロケ編】 | main | 不在のお知らせ -2015年7月- >>
2015.06.28 Sunday

2015- 歴史映画に観る男たちのサマースーツと怒れる肖像


夏到来、
はやいもので暦の上では夏至を過ぎました。

遅かれ早かれ、まぶしい季節は心待ちです。
夏のスーツスタイル、
ええ、タイも結いますよ。
暑くないかって??
クールは行動で示します。(キリっ)
って、靴下穴空いてますけど。






今回ひさびさにシネマ編をお送りします。
夏の夜の、怒れる男たち。
〜意志あるところに〜
とは言いますが、
障害も避けられません。
半ばで倒れるものがいれば、
迷い込むものがいて、
けものみち。
歴史事実を題材とした映画から、足跡を知りました。
夏が来ると観返します。





【Z】1969
ギリシャ出身の映画監督が、故国のひずみを告発した作品。
フランス製作による
作家性と娯楽をうまく撚り合わせたドラマです。
史実の暗部に
個性派ぞろいの名演が興味を誘います。







オープニング
ピントがぼけてますね・・・
なんだこりゃ




フォーカス
ん、お宝
ギリシャだけに遺跡のミステリーとか??






ちがうようです。




二枚看板
イブ・モンタンと、トランティニャン。
喩えるならシルバーと、クローム。
マッケンローとレンドルでしょうか。
もちろんソリッド。





タイトル【Z】
どう読むべきか・・・
ゼッド ??
ズィー ??
いえ、まだどちらでもないんです。
詳しくは後ほど!!
ダイジョー V





メダルに徽章
どんだけ修羅場くぐってきたんすか。
時は冷戦さなか1960年代の前半、
地中海の【某国】という設定。
軍服の為政者といえば、
フランコにドゴールがいて・・・
ほかは??




そうか。
ギリシャも到底穏やかには行きませんよね。
地勢上、宗教的にもややこしいです。
そのうえ戦後はイデオロギーとかなんとか、
列強の思惑に翻弄。




建前上は王国でした。
御前会議で示し合せ。
〜左派の連中には勝手なこと許しちゃいかんね。
学生運動、
小賢しいわコミュニストめが〜




閣下、お迎えが来ました。
Mercedes 220 SE Coupe
〜おぅ、わしが運転するだぎゃあ。
あとはよろしく。
ブロロロ〜





一方、野党の参謀はというと
政治集会の準備に奔走です。
しかし当日、会場側からドタキャン。
お上に睨まれちゃね。




めんどうはご免なんだ。
さっさと撤収してくれ。
聞いてないよ〜




集会まで時間がありません
もうすぐリーダーがやって来ます。
なんとかせにゃ。
兄貴に恰好つかないべ。




野党のリーダー、
噂の男が
遊説先から無事にランディング




ザ・カリスマ
親しみと風格があります。
先生、応援してますわ。
ウフ☆




イブ・モンタンの役どころは
政治家であり、
教育者。
背中の厚さが物語ります。




またせたな。
兄貴ィ
おかえりなさい。




歓びもつかの間、
移動中
動向はつねにマークされています。




急きょ、会場を変更。
狭くなってけれどごめんね。




左派、右派、そして中道
まえかうしろか、
広場をひとめぐり。
Renault のセダンだそうです。





ホテルから集会場までは、
広場を通り抜けなければいけません。
衝突しないといいのですが。




ショーウィンドウのお嬢さんも
エール送ってくれました。
モテモテだね
兄貴ィ




ちょっと休憩
LANCOMEのポスターが意味深です。
ピストルに口紅を装填(てん)〜

えぇ、血のりの接吻・・・
いやまさかね!!





Summer Wool
2-piece Suiting
















SCABAL
【Golden Ribbon】
Made in England












シャツ生地も涼しげ。
ボイルでしょうか。





所作、なんとも男っぷりがよく。
受話器片手に書類鞄から
ほれ。




Ringhart Fabrics London
【Superfine White Poplin 140's】




まるでドラえもんのポケットです。
つぎは、パジャマ〜
ほれ。




家族の写真




背中が語ります。




集会場まえでは、
すでに行列。





と、広場にゆっくり
謎のコンバーチブルが乗りつけました。





目配せ
よろしくな。




おうよ。
なにか仕込んでいます。




オラオラ〜




妨害セヨ





連帯、平和??
知るかボケ〜




女性にも容赦なく
鬼畜です




開催まえから非常事態




取材班も先回り。
明日の一面につかえるかえ??
まだまだ〜




会場に収まりきらない数です。





声援、怒号、
広場はひとの渦と化しました。





警察はシレッと
民事不介入だし〜




いざ、ホテルから会場へ行進。
平和主義のモンタン、丸腰。





そこへ


















気丈な男です。
皆さんご静粛に





一瞬、静まりかえりました。




ご清聴ありがとうございました。




しかし、ひと言
閣下、コソコソ観てないで
話し合おうじゃありませんか!!




チッ・・・









報道、つまみだせ








モンタン、帰路につきます。









不意に・・・
兄貴、危ない!!


















生死をさまようモンタン





そこでバトンタッチ
ジャン・ルイ・トランティニャン参上
事件か事故か??
調査委員のひとり。




彼の役所は、予審判事という設定。
聞き慣れませんよね。




カタチだけの調査委員会、
あれは交通事故だぎゃあ。
ですよね、閣下。





ちょっと待った。(キリっ)
まだ調査が足りません。
トランティニャン、食い下がります。
隣、検察長官のメンツ丸つぶれ。
少壮幾時ぞ・・・




モンタンはいまだ集中治療室に。
支持者が集まりました。
【Z】
何のメッセージなのでしょうか。






トランティニャン、調査の手を緩めません。
ちなみに予審判事とは裁判官の一つだそうですが、
調べてみますと
フランスでは捜査機関を指揮する権限があります。
ずさんな報告書の矛盾を見つけては、再調査。
涼しい顔して、念入り。
ペールトーンのサマースーツもクール。
また、ロングポイントカラーのシャツ、
メガネのボリュームとシャツ襟のバランスに
参りました。




CARLO BARBERA
Made in Italy





Saxe Blue Shark Skin






ジャーナリストも真相究明に乗り出します。




奥様、
ご主人の様子、何か変わったことはありませんでしたか。




さりげなく
パシャパシャ
ちゃっかり取り入るのが巧みです。
くつろいだベージュのスーツスタイルも、
相手に緊張感を与えませんし。





EDWIN WOODHOUSE
Summer Comfort









妨害側、後に内ゲバがありました。
末端は使い捨てです。
消され損なった男、
徐々に重い口を開きます。





鬼畜
連行されました。




この棍棒に見覚えは??
知らねえズラよ。




猿芝居はよせ。
もうネタは割れているんだぞ。




コノヤロー
今、サルって言ったな??
【Z】みたいに叩き割ってやるだ!!
あ・・・

はい。
ひとり上がり。





謀略の網を解いていくうち、
トランティニャン自身にも揺さぶりが。




しかし、彼を丸め込むことはできず。






ついに取り調べは官憲にまで及びます。





あっ、





意外とナイーブです。





閣下、
丁重にお迎えします。




部下は次々と口を割りましたよ。
アリバイ、どうされますか??




への字です。




ただじゃおかんぞ!!
閣下、出口は反対側です。







なお、モンタンが演じた政治家【Z】の意味について、
ギリシャ文字ではZ【ゼータ】と読みますね。
アルファ、ベータ、ガンマ、・・・シグマ、オメガ等々の語がありますが、
それぞれに意味があるらしく、
【ゼータ】とは、地上と空のあいだを行き来するもの。
路上に記されたメッセージ、
たとえ天に召されても彼の精神は失われない。
粋な大人たちです。





















果たしてトランティニャン判事は、
法の下で
アンタッチャブルな権謀に裁きを下すことができるのでしょうか。

映画の最後、実際の資料映像とともに↑の記録が読み上げられます。
「軍は次に挙げることを禁じました。
トルストイ、ドストエフスキー、サルトル・・・
社会学、現代音楽、ビートルズ、ミニスカート・・・
ストライキ、報復、そして【Z】」















札幌元町 ノーザンテイラー
http://northern-tailor.jp/

 
Powered by
30days Album