ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 不在のお知らせ-2014年4月- | main | 不在のお知らせ -2014年7月- >>
2014.07.08 Tuesday

夏の空と〜 Born To Be Blue


ご無沙汰しております。
はやいもので七月になりました。
皆さまお変わりありませんか。
ノーザンテイラーは梅雨知らず、
カラッとシレッとやっております。



いろいろあった2014年の上半期、
おかげさまでご縁に恵まれました。
今回のブログではそのまとめとして、どうぞご覧ください。
上の画像は、カスタマーが贈ってくださったもの。
【彩雲】という現象だそうです。
空模様とこころ模様のエンカウンター、
いつか自分にも、おてんとさまが導いてくれますように。




今年は、青にご縁があります。
カタチあるもの、
想像上のこと、
ゲン担ぎではありません。
ブルーがつづきます。
不思議な巡りあわせです。




この合わせはわざとです。笑
そういう魂胆です。
偶然だけでは商売できません。
必然の撚(よ)り合わせをつくることも、仕事のうち。




今年仕入れた生地、
デッドストックのシリーズを分けて頂きました。
ハリソンズのFIREFLY
ウールにキッドモヘア―16%混紡、
夏を灯すホタルの光。




モヘア―混紡です。
現行品、デッドストックの各種銘柄を選りすぐり。
去年に続きご好評を頂いております。
サマースーツのプラスアルファとしてお奨めです。




生地の性質上、
シルエットの抑揚は控えめでもじゅうぶん。
さらりとコントラストが引き立ちます。
触ってみる?
いやいや、
誘惑させるのは女性の髪の話です。
シャンプーのCMでしたか。
男は黙って黒ラベル。




とっておきの場所に来ました。
黙って口説くにはうってつけです。
いやいや、勉強会ですよ。
札幌市天文台
札幌コンサートホールの隣にあります。
扉を開けると、夜空の旅。




天窓が回転、
ご開帳!!
ガタガタ響きます。
ワクワクです。




陰影礼賛、
この晩は土星を観測できました。
ガイド役の博士のおかげです。
望遠鏡の覗き目に、デジカメを接写。




きたきた〜
ついでにもっと大きくできますか?
図々しくお願いします。




サークル、
見えましたね☆
博士さまさまです。
SSC、札幌サイエンスクラブ様
ありがとうございました。




余韻に浸り・・・
と言いたいところですが、
この晩は冷え冷え。
北国の夏は油断禁物。




夜が明けて、東区元町の日常に戻ります。
ノーザンテイラーにとって、
夏は節目にあたります。




これからも、
ワイルドだぜ〜
というほどラフではなく。
真っ赤に燃えた〜
というほどハイでもなく。

そんな大人、Born To Be Blueにつき。




Some falks were meant to live in clover
But they are such a chosen few
and clovers being green
is something I've never seen
'cause I was born to be blue

安穏な暮らしってどんなだろう
想像つかないや
四葉のクローバーだって
見たこともない
ブルーな性分でね





When there's a yellow moon above me
They say there's moonbeams I should view
But moonbeams being gold
are something I can't behold
'cause I was born to be blue

お月さまがあらわれると
ほらごらんというけれど
なんだか眩しくて
ぴんとこないや
ブルーな性分でね




歳月が過ぎ
ひとりでは見えなくなること、
仲間ができ
はじめて見えてくることもあると知りました。
お世話になっている皆さま、
誠にありがとうございます。
どうぞ素敵な夏をお過ごしください。


札幌元町 ノーザンテイラー
http://northern-tailor.jp/


カスタマーU氏
素敵なお写真の数々、お力添えをありがとうございます☆
 
Powered by
30days Album