ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自然画家-2013-増田寿志展のご案内 | main | 年末年始、営業日のお知らせ 2013-2014 >>
2013.12.22 Sunday

聖夜と除夜と ラプソディ・イン・ブラウンスーツ

 忘年会もひと段落、
いよいよ年の瀬です。

パーティーシーズン
たけなわ。
準備はいかがでしょうか。
この度は身仕舞いもビター&スイートに、
旬の一着をご紹介します。



【Woolen Serge Dark Brown Suit】
2013年、
ノーザンテイラーのトリを飾ります。
紅組、白組、
どっちかな〜!?




ウールン(紡毛)のサージ(綾織)
サージと言えば一般にウーステッド。
梳毛(そもう)がポピュラー。
しかしウールンは、
紡績がまた異なります。
毛羽の具合や地厚さ、
季節向きのエッセンスがグッと凝縮。
どちらにせよ丈夫な生地。




礼服ではありません。
あくまで平服。
そのうえで、パーティーシーンに彩りを。
今回は2ピースですが、
別仕立てのオッドベストを組み合わせました。




地味派手
白組代表、これで決まり。
生地は当店の在庫コレクションより、
英国製
Castle & Stevenson という銘柄。
譲って頂いた先の話では、
1990年頃のものとか。




その頃、
私は高校生。
部活、していません。
勉強、していません。
デート、できません。
ときどき映画館に通っていました。
バックレです。




【恋のゆくえ 〜ファビュラス・ベイカー・ボーイズ〜】
大人になるまえに観た、
大人になりきれないものたちの、
ゆく年くる年。




舞台はシアトル
ベテランのピアニスト
兄のフランク
弟のジャック
ふたつでひとつの商売。




ホテルのバーラウンジで
レギュラーを務めます。
いつまでもハッピー・ゴー・ラッキー
とはいかず。
景気に翳り。




ピアノデュオ一筋
腕は評判。
しかしクライアントは言いました。
時代遅れなんだよ。
策を講じなければ。
来季の契約が懸かっています。




歌手と組んでみるか。
オーディションを実施。
延べ三十七名を審査、
ことごとく
空振り。




途方に暮れかかったところ
キラリ☆
新人
あらわる
荒削り




ミス・カッティングエッジ
歌声も容貌も
小刀のような切れ味。
女優ミシェル・ファイファー
吹き替えなしの体当たり。




ベイカー兄弟には、
起死回生。
新人歌手には、
登竜門。
クリスマスシーズン、
仕掛けます。




兄は家庭持ち。
弟はというと、
老犬とやもめ暮らし。
マイホームとマイペース、
身につまされます。




聖夜のステージ
おつかれさまとメリークリスマス。
コーヒーでも飲んで帰らないか。
今夜はよしておくわ。
似た者同士だけに、
埋められないものがあるようで。




仕事は好況
活動も広範囲に。
三本の矢は、
飛ぶ鳥を落とす勢い。




遠征です。
ジャック、
犬同伴は無理だよ。
ってどこ吹く風。
ホテルはツインベッド、
ヨロシク。




ベイカー兄弟
仕事柄タキシードが制服がわり。
聴衆の男性陣は、
あくまで平服スーツ。
華やかさを取り入れつつ、
ショーを享受。




男は引き立て役
そう。
トリオの立ち位置にも、
変化の兆しが。
ニューイヤー・カウントダウン
何かが弾(はじ)けそう。




シャツは変わってマルチストライプ柄
こちらはワンピースカラー。




一枚裁ちによるもの。
継ぎ目のないアーチは、
ベストの折り返しとも調和。




宴の後
成功の余韻に浸るも、
どこか空虚。
ほんとうにやりたいこと、
これでいいんだべか。




仕事始め
地元に戻って作戦会議。




ふたつでひとつが、
いまや、
三つで一つ。
こりゃ大変だ。




仕事を終えたジャック、
向かう先はジャズクラブ。
オーナーが迎えます。
珍しいなあ。
トラブルを拾いに来てやったよ。




これからのこと、
よく考えないと。
ミシェル・ファイファー、
不器用ながら精一杯の歩み寄り。
おもいと裏腹に、
ジャックは寄り添うことができず。
ふん
知った口きくな。




ポキッ
折れちゃいました。
紅組応援団長、ノーザンテイラー
絶句




来る、来ない。
行く、行かない。
逡巡(しゅんじゅん)と悔悟の夜




決断の朝
ジャック、なにをおもう。
仕事
兄弟
友情
三者三様の空模様。




もしもピアノが弾けたなら
昔の曲にもありました。
〜心はいつでも 半開き
伝える言葉が 残される〜





口下手な大人たちに贈ります。
おかげさまで、
2013年を笑顔で締めくくることができました。
親愛なる皆さま、
いつもお世話になり誠にありがとうございます。
会える方も、めったに会えない方にも、
この場を借りて、メリークリスマス☆
どうぞ良いお年をお迎えください。


札幌元町 ノーザンテイラー
http://northern-tailor.jp/

Powered by
30days Album