ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 年末年始、営業日のお知らせ 2019-2020 | main |
2020.05.04 Monday

-2020-近況ご報告

 

 

 

大変ご無沙汰しております

2020年のご挨拶を逸したまま、季節が過ぎました

ブログ更新が遅れて申し訳ございません

春のうららかな日が続きます

 

ウィルスによる非常事態

不安と不信の渦中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

世の中が活動自粛によるしわ寄せ、

この先どう波及するかまったく先が読めません

日常のスケジュールが失われた方々

または、

自粛できないお仕事で、てんてこ舞いの方々もたくさんいらっしゃると思います

 

どう乗りきるか?

という世相にあって、ノーザンテイラーのような嗜好品を扱うサービス業者の

立ち位置を考えさせられます

活動報告していいものか・・・

という自問自答で現在に至ります

 

 

”季節のご挨拶でも良いから、ブログ更新しましょうよ”

(^^;)

仲間やお客様が心配してくれまして、

時々このような素敵なスナップも頂きます

 

 

ノーザンテイラーは元気に過ごせております

会いに来てくださるお客様

そしてお取引先の服地商様、縫製元様のおかげで、

ありがたいかぎりです

 

もともとが、じゃんじゃん集客できる商法ではございません

ぽつ、ぽつ

ほそぼそとご相談をお承りする身の丈

誤解を恐れずに言えば、やなぎに雪折れなし

 

しかし、このまま非常事態がつづけば、

見込めるものがつぎつぎと、闇落ち

 

個別サービス専門の注文服店として、

今後も続けていくためには、どうすればよいか?

つぎへの課題を与えられました

まだ具現化できておりませんが

 

 

 

 

例年なら、初詣のおみくじを後に読み返すこともなく、

すっかり忘れているところ

今年はふと思い出しました

参拝、恒例の茶屋で寄り道も、

風景が取り戻せますように

 

せめてノーザンテイラーの風景から

季節の空気を感じて頂けますと幸いです

 

 

 

 

ベージュ系、茶系

春にふさわしいスーツ生地です

 

初回でご注文されるお客様には、紺やグレイのダークスーツが一般的ですが

いわゆるTPOで無難なスーツをすでにお持ちの方々にとって、

つぎなる一手、新たに踏み出して頂けることがございます

 

ベージュ系、茶系といっても

季節によっては夏の麻素材であったり、冬の素朴なツイード地であったり

選択肢はさまざま

 

ベージュスーツご紹介は過去にもございますので

http://northern-t.jugem.jp/?eid=77

(2015年、6月ブログ記事)

 

この度は、スーツではないご注文例

 

 

 

 

独特の色味、伝わりますでしょうか

英国、イタリア

お取り扱いの銘柄も様々ですが、この手の種類は一般に

「玉虫色」と呼ばれます

光の当たり具合により、濃淡による表情が一変

 

一見、つるんとした無地に見えますが

じつは複数の色糸が複雑

 

精緻(ち)な紋様の配列は

各銘柄で美的センスのちがいが愉しめます

 

 

 

 

optional extra horn button

 

注文服とは一にも二にも、

お客様が引き立つデザイン、シルエットが大切

しかし、付属品もけっしてないがしろにはできません

印象を左右します

 

通常、追加料金なしでお付けするボタンにも、天然由来のボタンや樹脂製

各種取り揃えておりますが、

お選びになる服地の質によっては

 

ボタンも別途お買い上げ頂くことで、

お仕立ての完成度がさらに高まることがございます

 

 

 

 

そこまでして

スーツ地を用いた、ほかに何の装いがあるのか?

ずばり、スプリングコートです

 

ではスプリングコートって?

一言であらわすなら

やや肌寒いときに恰好(かっこう)がつく、お洒落着

 

ジャケットの上に羽織るもよし

ニットの上でもよし

 

スプリングコートがあれば

日々の装いがより豊かになりますが、といって必須でもない

それゆえ嗜好品です

 

けっしてレインコート(雨具)ではありません

道具としての実用性がうんぬんは、時として了見ちがい

 

 

 

 

街中で、ポピュラーなレインコートと言えば、

このような様式がございます

 

素材はぎちっと目の詰まった綿ギャバジン、または化学繊維混紡

雨風の侵入を上下で防げるように、

襟元から裾までボタン留め可能

 

 

 

 

 

いつでも着脱できる気軽さ

場合によってはたたんで手に持ち、シワが生じて当然です

表地と裏地のみによる構成

 

 

 

道具としての気軽さが優先のため、

用いる服地(綿素材)と仕立ての関係にも、適材適所

 

このようにオモテが波打ち、整然としません

雨具=濡れることが前提のTPOですから、

レインコートであれば、無造作なくらいの雰囲気がちょうど良い

と言えます

 

 

 

ではレインコートとはちがう、

贅沢なスプリングコートらしさとは、を実際にご覧頂きます

 

先述の玉虫色スーツ地に続く、第二弾

H氏によるご注文

ブログ掲載のご協力を誠にありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

Here is The Bal Collar Overcoat by Typical Sun Cloth.

 

 

 

 

すでにお持ちの一般的なレインコートの様式とは、差別化しましょう

とミーティングをかさねて、お客様とご一緒にかたちづくりました

 

どこかちがうか?と言いますと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わずかに、肩パッドや胸芯を用いております

 

艶やかなスーツ地で、趣味性のオーバーコートを羽織るシーン

決して雨具ではありません

オン、オフそれぞれのTPOで、歳相応の恰好がつくこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載のご協力

素敵なたたずまいと笑顔を

かさねましてありがとうございます

 

 

 

 

 

 

オーバーコート

冬の防寒性が優先のもの、

春秋の気軽に羽織れるもの、さまざまな様式がございます

理想は使い分け

 

お客様のご用途を考慮し、

引き立つデザインとシルエットをご一緒にかたちづくります

各様式によって、細部の仕立てにも適性がございますので

ご興味の点はなんなりと

いつでもご相談ください

 

 

 

 

 

春のご報告

続きましてシャツ編です

 

 

 

 

 

 

 

Here is Turquoise Blue Gingham Check Shirt.

 

for Patissiere Nachi

 

 

 

ノーザンテイラーが公私でお世話になっております、

素敵なパティシエールさん

春夏シャツのご相談で、新たなスタイルをご一緒に見出せました

 

シャツ地は100双の平織りポプリン

ほぼ一年を通じてお召しになれる定番シリーズより、

清々しい色も各種揃えております

 

 

 

 

襟のデザインは可憐に小ぶりな曲線

しかし小さすぎてファンシーに見えない程度に調整

 

肩幅から胸にかけてのおさまりはミニマムですが

胴のゆとりは立ち姿だけでなく動きやすさも考慮

 

 

 

 

袖もタイト過ぎず、かといって二の腕がつっぱらないように

この度のデザインで特徴はもう一点

袖口の折り返し、カーブを開き気味にしました

婦人らしく優雅です

 

 

 

Nachiさん、ご協力を誠にありがとうございます

(#^.^#)(#^.^#)(#^.^#)

 

 

 

 

 

 

 

季節の差し入れ

時に焼き菓子、時にケーキ

この度は特製のジャムを頂戴しました

 

 

 

 

 

 

高知から届いたゆず、

二種の製法によるジャムを堪能しました

 

パティシエールNachiさん、Wing.M社の森田社長

いつもありがとうございます

 

 

そして

締めはイチゴのジャムで・・・

午後の紅茶をご用意しました

 

 

 

 

 

 

 

Here is The Sun Kissed Orange Shirt

(*≧∀≦*)

for  Miss Salad. K

 

 

 

 

100双の斜子(ななこ)織り

分類としてはオクスフォードだとおもわれますが、

糸一本あたりの構成がじつに艶やかなため

洗いざらしで羽織るものではなく、

男女問わず上品なカジュアルシーンがふさわしいです

 

お納め時はお仕事が休日のため、

スニーカーでルンルン

カジュアルでシャツの裾を出しても、だらしなく見えず、

しかしパンツスーツやスカートのなかに、シャツの裾を入れても

落ち着くバランス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Optional Extra Button

 

 

 

 

2020年も皆様にとって、ご家族やお仲間がのびのびと

さまざまなシーンで、季節の装いを共有できますように

 

日々ノーザンテイラーが活動できることも

お世話になっているお客様、そして各お取引先様

かさねましてありがとうございます

 

今後、ウィルス危機の終息を一日も早く願いますが

長びくことも覚悟して、

では個別サービス業の注文服屋がどう存在できるか

 

つぎの一手もどうぞご期待ください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー

https://northern-tailor.jp/

 

Powered by
30days Album