ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2017.12.05 Tuesday

クレジットカード決済ご対応のお知らせ

白銀の

鞍は朝日に閃きて

駒のいななき秋風に高き

若山牧水「すげ笠」日向国より

 

 

親愛なる皆様、

平生ノーザンテイラーに目を掛けて頂き誠にありがとうございます。

この度、対お客様と電子商取引の環境が整いました。

「各種クレジットカードによる決済」

謹んで対応させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

今後も注文洋服屋としてface to faceによる接客は変わりません。

時代に即した課題を見極め、個別サービス業の向上に努めて参ります。

ひとりではできない店づくり、

Dear Mr.Honma, Mr.Satoh

Your suggestion is greatly appreciated. 

 

 

 

英国リングハート社のシャツ生地コレクションが刷新。

通年可能な定番品をはじめ、冬に安らぐ起毛素材は色柄がより充実しました。

他、スーツやジャケット、オーバーコート生地等、旬の品を選りすぐりでご用意。

足を運んでくださることで実物の仕立てに触れ、ゆっくりとご相談できる時間、

心よりお待ち申し上げます。

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー

http://northern-tailor.jp/

 

2017.07.21 Friday

5周年企画「ホームページ拡充」のご案内

 

 

親愛なる皆様、
いつもお世話になり誠にありがとうございます。
この度
ノーザンテイラー開業5周年を記念し、
ホームページを拡充しました。

【FOOTAGE 5YEARS】
http://northern-tailor.jp/

 

↑のURLよりお入りください。
左下に新設のリンクバナーがございます。
(もしバナーが表示されない場合は、ブラウザのツールを更新して頂けますと可能です)
 

 

ひとりではできない、店づくり。

節目を共有してくださった方々へ
この場を借りて御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌元町 ノーザンテイラー

2016.02.13 Saturday

ノーザンテイラー【ホームページ拡充】のご案内

 




親愛なる皆様、
いつもお世話になり誠にありがとうございます。
この度
ノーザンテイラーのホームページ拡充として、
お仕立て例を特別企画しました。

【POETIC LICENSE  佇まいとして】
http://northern-tailor.jp/

↑のURLよりお入りください。
左下に新設のリンクバナーがございます。
※もしバナーが表示されない場合は、ブラウザのツールを更新して頂けますと可能です。




ひとりではできない、店づくり。
お客様、WEBデザイナー様をはじめ
ご協力頂いた皆様
この場を借りて御礼申し上げます。

札幌元町 ノーザンテイラー
 
2015.11.23 Monday

東区元町とゆかいな和






ご無沙汰しております。
はやいもので11月も末、
北海道では気温が一ケタ台になりましたね。
皆様、お変わりありませんか。

そしてあっという間に、年の瀬へのカウントダウン。
12月はあって無いようなものだと思い、
この度のブログ更新ではオールスターキャストを敢行。
ゆかいな和に感謝を込めて、
【東区元町特集】をお送りさせて頂きます。





東区元町って、なに??
じつは札幌市民ですらあまりご存じないかと。
私自身、他区から移り住んで四年半が過ぎましたが、
正直それまでは縁がありませんでした。

地下鉄東豊線、札幌駅から四つ目
今でこそ交通の便に恵まれた立地ですが、つい三十年まえ
この付近はタマネギが特産の耕地でした。
さかのぼると百年前はまだ原生林。





起伏のない拓(ひら)けた道、
暮らしてみて実感したことは、東区とは風の吹く街。
夏は涼しく、冬は寒い。
四季彩る樹木の年輪さえ、
じつは街としての実年齢が、
われわれヒトの一生と大差ありません。

耕地開拓
そうした土地柄から、
さまざまな出身者と希望が充ちています。
元町に暮らす若き諸先輩のスピリッツ
散策とともにお伝えできれば。





カレーとネパール家庭料理
【インドキッチン】


散歩日和の休日
さっそく腹ごしらえからスタートです。
ご近所さんのドアを開けると・・・





イラッシャイ マシェー!!
オーナーご夫妻が笑顔で迎えてくれます。
本日も厨房を行ったり来たりで大忙し。

お奨めの品を作ってくれている間、
お香を焚いた空気に包まれ、
フレッシュなラッシーを頂きましょう。






ご夫妻はネパール出身
オーナシェフのヤムさんは、
十代でインドに渡りその後は中東へ、料理人としてのキャリアを積んだそうです。






炭火
ここでナンをはじめタンドリーチキンなど、
香ばしく焼き上がる魔法の窯。

ホレ、ヤッテイイヨ。
自分が食べる分の生地を手に取らせてもらいましたが、
アヂヂヂヂヂ
磁石のS極とN極のように、近づけても離れるの繰り返しに
皆大笑いでした。






カレーをはじめ、
故郷ネパールの家庭料理も振る舞ってくださいます。
特徴のひとつは香辛料クミン。
また、夏には軒下で栽培しているハーブや野菜を用いた品々に出会えるチャンスも。






ゆたかな味わいのもとはご夫妻のまごころと、
時には水牛のバター




故郷のハチミツ

そして
いつも厨房に積み重なるタマネギの山です。
地味な下ごしらえによる賜物











ご近所さんや仲間内でお祝い会を開くことも。
ある日の一コマ、食後に皆でケーキを頂きました。
F氏、フレッシュで美味しいギフトをありがとうございました☆






北24条通りと東15丁目通りの
元町交差点
真下が地下鉄駅です。
ここから北へ向かって歩いてみることに。




北海道立札幌高等技術専門学院

元町界隈の特色のひとつに、学生さんが多いこと。
ほかにも各種の専門学校があり、近隣の普通高校も私服通学。
十代のめいめい自由な恰好が、まぶしいです。





放課後、ガールフレンドと図書館へ??
あこがれたなあ。




体育館でバドミントン??
ネット越しに恋の駆け引き
やってみたかったなあ。






もし自分がこの街で育つとしたら・・・
いつの間にか散策は妄想染みてきました。
いいんですよ。
元町には劇場がありますからね。
夢見がちな貴男貴女、受け入れ態勢は万全です。





海外特別公演
とっておきの舞台が上演予定。
午後7時開演、まだじゅうぶん時間がありますので、
陽が暮れるまで歩みを進めましょう。





カキーン、カキーン
仲通に入るとうっすら響いてきました。





この日はチームノーザンテイラー
昼夜のダブルヘッダーです。
締って行こうぜー!!











バッティングセンターの向かいには、
静かなカフェがあります。
あとひとまわりして、帰りの道すがらお邪魔させて頂くことに。





元町の近隣にある伏古(ふしこ)地区
この一帯は住宅街です。
ひろびろとした公園をはじめ、
南北に貫く緑地帯があり和みます。











かつて農耕地だった名残り
土の匂いがあります。





徐々に陽が暮れてきました。
そろそれ戻りましょうか。









元町カフェ
【a petits pas.】
(ア プティ パ)

http://apetitspas3.web.fc2.com/






あたたかく、ほっとする空気
この空間を育ててきたものは、
オーナーさんの手作りによる歳月のようです。
店名はフランス語で
小さな一歩





異国暮らしから持ち帰った生活の品々





床板や建具
そのうえ天上の梁や塗り壁の漆喰(しっくい)に至るまで、
コツコツとご自身の手によるもの。
手に触れたくなりますね。





この日は季節の品
安納芋のチーズケーキを頂きました。
静かに余韻を味わえます。










夏には少し開けた戸外から
通りの気配が静かに残響。
またある時には、電燈もなかった時代の絵画をみるような
やわらなかな光線による既視感。




Pieter de Hooch
1629~1684






さて、ここから元町散策は夜編
先ほどの劇場へ向かいます。



札幌市こどもの劇場
【やまびこ座】
http://www.syaa.jp/sisetu/gekijou/yamabiko/








本日の公演は、
一夜限りの舞台です。
大人も子供も
未知なる世界への期待でドキドキ。



セリフのないひとり芝居
舞台では暗闇のなかに、テーブルライトが頼りでした。
ひとり暮らしの一夜の出来事。

ポリーナ.ボリソヴァ(作、演出、美術、出演)
【GO!】
日本ツアー日程
http://www.puk.jp/theatre/2015Go!/Go.html





観劇後の投影、
いつか老境の自らへ綴ってみたいな。
そうおもいました。

余韻と夜気の木枯らしに身心が洗われ、
いよいよ本日の最終目的地へ直行。
新道東の高架をくぐると、
中小路に構える可憐な一店。




日本料理
おばんざい処 【嘉づき】
http://www.kaduki.jp/blog/




地元育ち、東区元町ご出身の佐藤大将と
愛知瀬戸ご出身の奥様
二人三脚による店づくりに訪れるひとは舌鼓をうち、
胸を打ちます。




ホテルの日本料理店で研鑽を積んだ大将による、
四季折々の一皿。
春には、ふきのとうを練り込んだ香気のお豆腐。




夏には旬の魚でにこごり




しゃきしゃきのレタスが
ふっくらと鯛めしのベールとなり




沁みるお出汁(だし)のハーモニーはやさしく
そしてゆたか。




季節のデザートは奥様による手づくり
おまかせコースでゆっくり堪能




ご一緒する方々は
自然と笑顔に。
またお邪魔しようね
皆様そうおっしゃってくださいます。




秋冬の一皿
えび芋のおまんじゅう
お聞きしたところ
裏ごしして生地をつくり、タネをつつんで揚げ、
仕上げに蒸すそう。




中のタネは豚の角煮と銀杏
これだけでもごちそうなのですが、
大将の創造性は手間暇を惜しまず。




北海道の冬の魚
キンキの土鍋炊き込みごはん
(詳しくは【嘉づき】さんのwebsiteをどうぞ)
この夜はキンキのおむすびをさっと焼いて、
お出汁の餡をかけたもの。

ひと皿一皿、お料理を引き立てる器は
奥様の故郷、瀬戸をはじめとした手ざわりのある趣き。




カボチャと比内地鶏のプリン
ごちそうさまでした。
大将ご夫妻、いつもありがとうございます。





縁起物は、幼いお嬢様による成長の記録。
笑顔とエールの交換に、
また次回もお導き
目白押しです☆













〜Sweet, Sweet 40 Blues
ただ過ぎて行くよ
できっと身についていくもの
Sweet, Sweet 40 Dreams〜





東区元町の輪、
ご覧頂きありがとうございました。
尊敬できる諸先輩が身近にいらっしゃること、
この場を借りて御礼申し上げます。

この地に移り住み、ノーザンテイラーを開業したことが
五年後十年後にあらためてしあわせだと共鳴できるよう、
一歩ずつですね。
じっくり構えて、カキーンとかっ飛ばしますよ。





ご協力頂いたオールスターキャストの皆様、
誠にありがとうございました。
来年の秋は、南方面の散策へGo!!
続ゆかいな和どうぞお楽しみに。


札幌元町 ノーザンテイラー
http://northern-tailor.jp/






当ブログより関連記事
合わせてお読み頂けますと幸いです。
【東区元町について】
http://northern-t.jugem.jp/?eid=11
 
2015.02.07 Saturday

ノーザンテイラー【お客様ご感想ページ新設】のご案内


親愛なる皆様
いつもお世話になり、誠にありがとうございます。
この度
ノーザンテイラーのホームページにて、

【お客様のご感想ページ】を新設しました。





開業三年目にあたり、
ひとつのターニングポイントとして
着手した次第です。
ひとりではできない、店づくり。
お客様様、WEBデザイナー様、
ご協力頂いた皆様
この場を借りて御礼申し上げます。


札幌元町 ノーザンテイラー
http://northern-tailor.jp/

↑のURLよりお入りください。
新設のリンクバナーがございます。
※もしバナーが表示されない場合は、ブラウザのツールを更新して頂けますと可能です。

 
Powered by
30days Album